学習する天然ニューラルネット

主に機械学習に関する覚書や情報の整理

Jupyter notebookで変数一覧を常に出す方法

はじめに

RStudioやMATLABを使ったことのある方ならわかると思うが、今扱っている変数を一望する機能がある。 RStudioならばこんな感じ。

f:id:aotamasaki:20180623131855p:plain

RStudioならGlobal Environmentと書いてあり、MATLABならばWorkspaceと書いてあるやつだ。

jupyter notebookでも%whosと打つと、変数の一覧が表示されるが自動更新はされない。いちいち%whosと打つのはめんどくさい。

めちゃくちゃぐぐると、一応Jupyter notebookでもRStudioなどと同じように変数一覧を出す拡張機能があるようで、あまり知られていないようなので、共有する。

変数一覧を出す方法

jupyter_contrib_nbextensionsのvariable inspectorという機能を使う。

Installing jupyter_contrib_nbextensions — jupyter_contrib_nbextensions 0.5.0 documentation

こちらに従ってインストールしていく。

pip install jupyter_contrib_nbextensions

有効化。

jupyter contrib nbextension install --user

ここからはGUIで操作するのが楽でしょう。

jupyter notebook

でnotebookを起動。そうすると、新たにNbextensionsというタブができていると思う。

f:id:aotamasaki:20180623132938p:plain

次に、検索フォームにinspectorなどと打ち込み、variable inspectorのチェックボックスにチェックをつけ有効化する。

f:id:aotamasaki:20180623133219p:plain

これで設定は完了。

あとは、notebookに新たなボタンが追加されているので、そのボタンを押せば、写真のように変数一覧が表示され続ける(設定でボタンを幼くてもnotebookを起動したときに表示させることもできる。)。

f:id:aotamasaki:20180623133734p:plain

おわりに

nb extensionsは他にも様々な便利な機能を提供している。 variable inspector以外の機能は他の方も紹介している。一度目を通すと良いだろう。 qiita.com

cartman0.hatenablog.com