学習する天然ニューラルネット

主に機械学習に関する覚書や情報の整理

githubやnoteでもTeXの数式を書くぜ

f:id:aotamasaki:20200809112514p:plain

この記事は何?

これを作った↓

https://tex-image-link-generator.herokuapp.com/

f:id:aotamasaki:20200809112505p:plain

これを使えば、githubのreadmeやissuesに数式を埋め込むことができる。

例えばこんなふうに。

f:id:aotamasaki:20200809112500p:plain

noteやhatenablogなどのmarkdown(HTML)が使えるサービスに転用することもできるはず。

使い方

f:id:aotamasaki:20200809112510p:plain

言うまでもないですが、上部のtext areaに数式を打ち込んでctrl enter (or ⌘ enter)を押すだけ。

f:id:aotamasaki:20200809112517p:plain

sizeはpreviewのサイズではなく 実際に表示されるサイズになってる(previewには反映される)。

resultの右側にcopy to clipboardボタンがあるのでそれをポチッとするのが早いでしょう。 得られたリンクをここに貼ってみる。

\begin{align*}
R(g) &= \frac{1}{n} \sum_{i=1}^{n} \ell(y_i,g(x_i))\\
&=\frac{1}{2n} (\mathbf{X}\boldsymbol{w}-\mathbf{y})^T (\mathbf{X}\boldsymbol{w}-\mathbf{y})
\end{align*}

これにて表示完了。上記の画像は以下のような記述になっている。

<img src=
"https://render.githubusercontent.com/render/math?math=%5Cbegin%7Balign%2A%7D%0AR%28g%29+%26%3D+%5Cfrac%7B1%7D%7Bn%7D+%5Csum_%7Bi%3D1%7D%5E%7Bn%7D+%5Cell%28y_i%2Cg%28x_i%29%29%5C%5C%0A%26%3D%5Cfrac%7B1%7D%7B2n%7D+%28%5Cmathbf%7BX%7D%5Cboldsymbol%7Bw%7D-%5Cmathbf%7By%7D%29%5ET+%28%5Cmathbf%7BX%7D%5Cboldsymbol%7Bw%7D-%5Cmathbf%7By%7D%29%0A%5Cend%7Balign%2A%7D%0A" 
alt="\begin{align*}
R(g) &= \frac{1}{n} \sum_{i=1}^{n} \ell(y_i,g(x_i))\\
&=\frac{1}{2n} (\mathbf{X}\boldsymbol{w}-\mathbf{y})^T (\mathbf{X}\boldsymbol{w}-\mathbf{y})
\end{align*}
">

数式の本体自体はalt属性に格納されているため、あとで編集することになってもURLを読解する必要はないだろう。

作成のモチベーション

githubに数式を埋め込む方法をかえるるるさんに教えていただいたのがきっかけ

しかし、<img src="https://render.githubusercontent.com/render/math?math={hogehoge}>に直接数式を打っていくのは個人的に苦痛だった。

短い数式ならまだしも、長い数式になると視認性が低くなるからだ。さらに致命的なのが+%2Bに置き換えなければ行けない点だ(これはURL中の+が空白を意味することに原因がある)。

さらには後述する関連ツールがどれも自分の要望を満たさなかったために自分でつくろうとなった。

関連するツール

方法1

https://alexanderrodin.com/github-latex-markdown

この方法を発見した人(?)が開発したツール。しかし現時点(2020/08/09)では、アクセスできずどのようなものだったかはわからない。

方法2

https://www.codecogs.com/latex/eqneditor.php

自分がやっていることの上位互換であり、自分の要望をほぼ満たしている。しかし解像度が荒くてぼやけるという1点において満足行かなかった。

方法3

Edit fiddle - JSFiddle - Code Playground

ここまで来たらwebアプリにしない??あと、オリジナルの数式の情報を<img>タグに残してほしかった (あとで編集するときに必要な情報でしょ?)

方法4

Math to Image - Visual Studio Marketplace

地味に便利そうなVSCode拡張。VSCodeをいつでも使うとは限らないのでwebアプリにしてほしかった。

方法5

https://ezoeryou.github.io/blog/article/2017-04-26-mathjax-load.htm

ページ内のTeX表記を検知して数式に変換してくれるChrome拡張。良さげだけど共有するすべての人がこれをインストールしてるわけではないので..

まとめ

これを作った

https://tex-image-link-generator.herokuapp.com/

これで、noteやgithubにテキストベースで数式をかける用になった。個人的にはhatenablogの意味わからんtex記法からおさらばできるのが嬉しい。

開発はこちらでおこなっています。

github.com

参考

A hack for showing LaTeX formulas in GitHub markdown.md · GitHub